【転職サイトに登録】とりあえず何すれば!?

【転活ドットコム】〜転職サイトにとりあえず登録してすれば?

未分類

イチオシの転職サイトまだまだあるある!転職にまつわる疑問点

投稿日:2018-11-22 更新日:

とりあえず登録するといっても、不安や心配はまだまだ出てきます。

 

転職を強制されることはないか?

100%ではありませんが、少し強制されることはあり得ます^^

 

ただし、Noと伝えても会社にバラすようなことはありません。

 

転職の意志が固まらければ、どっしりと身構えてNoと伝えましょう!

 

強制してくるとは?

具体的には「転職エージェント」が「あなた」に対して(少し)強引に転職をおすすめするというものです。

 

理由とは、転職エージェント自身の自社内での業績(人事評価)によるものです。

 

エージェントは、何人就職を成功に導いたか?の就職成功人数が評価基準の1つとなります。

 

「せっかく決まっていた内定を空振りにしたくない」

 

そう思うのも仕方がないものです。

強要される身近な例(1月~2月)を基準

内定を出した会社側 内定を出したから、気が変わる前に決断してほしい。
転職希望者 転職はするつもりでいるが、今いる会社が決算前の繁忙期。
繁忙期が落ち着いた後、6月や7月に移りたい。
エージェント 人事評価は3月まででカウントされる。
⇒3月までに決断してくれるのであれば、内定は有効。
(4月以降の内定は強制的に無効)

 

重複応募したとき、断り方はどうする?

重複応募したとき、断り方に困ったりすると思います。

 

重複応募の際の断り方を紹介します。

  • 現在勤務中の会社に残ることに決めたから。
  • 家庭の事情で賛同が得られなかった。
  • よくよく考えてみたけど、転勤がありうるのが嫌だから。

 

重複応募で断るのは内心申し訳ない気持ちもあります。

 

しかしながら、断るのも仕事の1つです。

 

断る際には、忘れずに謝るようにしましょう^^

 

転職サイトは偽名でもいいの?だめではありませんが、本名で登録しましょう。

転職サイトを使う事に後ろめたさを感じる人がいます。

  • まだ転職を本気で考えておらず今の職場にも一定の満足感はある
  • そのため求人情報を探している事がバレたくない

 

そんな思いから転職サイトにいわゆる偽名で登録するケースも見られます。

 

SNSなどはカジュアルなサイトなので偽名、要するに創作した名前でもOKです。

 

しかし転職サイトは公的なものであり、原則本名オンリーです。

 

偽名でもいいんかーい!

偽名登録が直ちに規約違反になり、何かしらの罰則を受ける事は基本的にありません。

 

ただし、転職サイトの画面を通して面接やオファーのメールのやり取りする際、偽名は後々支障をきたします

個人情報の漏洩が気になる方も多いですが、転職サイトは大手企業が運営しています。

 

本名で登録しても同僚や上司にそれがバレる恐れはありません。

 

求人内容はどれも同じ?いえ、求人内容は転職サイトごとに異なります。

日本社会はアベノミクスや東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて空前の好景気となってきています。

求人いついてても活況を呈して、求職者が有利な売り手市場の傾向となりました。

 

転職サイトは星の数ほど存在ますが、求人は内容は転職サイトごとに変わっているのをご存知でしょうか。

 

これはサイトごとに新卒者向けのものからシニア世代を対象にしたものなどがあるからなのです。ターゲットが違うことにより同じ会社であっても求人内容が微妙に差があるものなのです。

今より良い待遇の会社で働き、生きがいを求めるのは当然の権利です。

 

しかしながら企業文化というものがあり、働き方は千差万別となっています。求人は転職サイトを吟味しましょう。

 

転職サイトにあるスカウト機能ってどう?登録しておくほうがいいの?

スカウト機能とは自分から企業に応募するのではなくプロフィールや職歴等を登録しておけばそれを見た企業側から声をかけてもらうことが出来る機能です。

スカウト機能のポイント

  • 自分からは応募しない。
  • 企業からお誘いが来る。
  • 面接等は実施する。

 

スカウト機能のメリット

最大のメリットは自分で探す手間が不要で求人を紹介してもらうことが出来る点です。

 

さらに自分で求人を探すよりもスカウトなら自分が応募しない様な業界、職種からも声がかかることもあるので選択肢の幅が広がります。

 

また相手の方から自分に興味を持ってスカウトしてもらえるので、自分で応募するよりもその後の展開がスムーズになると言うことが出来ます。

スカウト機能をお勧めする方

  • 思わぬ掘り出し物の企業に巡り合いたいという方。
  • 手広く会社探しをしたいという方。
  • 忙しくて、時間を取れないという方。

 

自分で応募する企業を決めたいという人でも一応登録しておくと思わぬ掘り出し物の企業が見つかるかもしれません。

 

転職サイトに登録するときには、現在勤務中の会社からは分からないように!

転職をする際にはスムーズにかつ円満に進めることが大切です。

  • 給料が安い
  • 人間関係がうまくいかない
  • 社風が自分と合わない

 

現職から離れたくなるときは転職サイトに登録することがあるかと思います。

 

転職サイトを登録する時には以下の2点に注意しておきましょう!

  • 1:自己プロフィールに個人を推測できるようなことを書かない。
  • 2:内定が出るまでは、今の職場内ではカミングアウトしない。

 

1:自己プロフィールの内容には注意

転職サイトには自己プロフィールを作成します。

 

役職や職務経験をかくことになりますが、具体的過ぎてどこの会社の人なのかわかってしまう恐れもあります。

 

会社の人事担当者も転職サイトを回遊しています。

 

バレてしまわないように注意しましょう。

 

2:内定が出るまでは、カミングアウトしない

退職カミングアウトのタイミングには注意しましょう。

 

辞表を提出するときには、すでに転職が決まっている方が退職日の希望や、職場への引き継ぎも期限をもってしっかりと行えます。

 

決まっていないのに辞表を提出すると、収入も途絶えることもさながら、引き留める為の条件に応じてズルズルと引きずり辞められなくなります

 

現職に留まったまま転職サイトに登録しておけば今自分の置かれている状況と転職先の待遇を比較して進められますし、収入が大きく途切れる心配もなくなります。

 

辞表の提出の時点で揺らがない為にも、勤務中の会社には知らせることなく、転職サイトにて活動する方が賢明です。

 

転職サイトにはブラック企業も混じっている?あると思っておいたほうがいいです。

転職サイトに掲載されている企業の中には、残念ながらブラック企業も含まれていることがあります。

 

転職を多く受け入れたり、一般的な求人期間とは別で求人をし続けている(=会社の出入りが激しい)

 

こういった状況が続いてる企業というのは、「退職者が頻繁に出る」「新卒採用で苦労をしている」などの理由から、人材が定着しにくい環境の職場だと言えます。

 

転職サイトを見ているときもブラック企業かどうかを慎重に判断しましょう。

 

転職先の会社が、(実は)ブラックだったと入ってから気付いてしまうと、再度転職活動をしている間は失業状態か、ブラック企業での労働をしながらの転職活動をしなければなくなってしまいます。

-未分類

Copyright© 【転活ドットコム】〜転職サイトにとりあえず登録してすれば? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.